アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】著作権法&独禁法:知財法と独禁法がぶつかるケース。政府が著作権法によって異常な強者を作り、それを独禁法で抑えようとする無駄な戦いが納税者の金で行なわれている。両方とも廃止すべき。

 <JASRAC>公取委の排除措置命令、当面、執行免除に

8月6日22時27分配信 毎日新聞
 音楽著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、東京都渋谷区)は6日、テレビ・ラジオ番組向けの楽曲を巡り、放送局と結んでいる契約内容が独占禁止法違反(私的独占)に当たるとした公正取引委員会の排除措置命令について、当面の執行免除が決まったと発表した。

 JASRACは命令を不服として審判を請求し争っているが、契約内容の改善を求めた命令内容は審判請求にかかわらず履行しなければならないため、東京高裁に執行免除を申し立てていた。保証金1億円の供託を条件に申し立てが認められる決定が出され、JASRACは6日、供託を済ませた。決定により、審判や裁判の終了までは契約内容を変更せずに済む。

 公取委は今年2月、JASRACが採用している契約内容によって他業者を排除していると認定。代替案を提示し公取委の承認を得ることなどを求めていた。JASRACは「放送事業者に命令の続行に伴う影響が及ぶ事態は当面回避される」などとコメントした。【苅田伸宏】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000129-mai-soci
◆悪法収容所 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) |

【悪法】著作権法:リバタリアニズムからは出てこない。なぜ納税者のお金で(ぼろ儲け)企業を保護するのか。企業は利益を自分または協力者の技術・工夫によって私的に守るべきであって、それ以上のものを納税者の金で守るのはおかしい。

DSソフト違法配信、男に実刑判決 京都

8月3日11時9分配信 産経新聞
 任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」のソフトを違法に複製し配信するなどしたとして、著作権法違反などの罪に問われた大阪府寝屋川市高柳、会社員、朝霧由章被告(38)の判決公判が3日、京都地裁で開かれた。

 栩木(とちぎ)純一裁判官は「巨額の費用を投じてソフトを開発した制作者(任天堂)に多額な損害を与えた悪質な犯行」として懲役2年6月、罰金200万円、追徴金713万円(求刑懲役4年6月、罰金200万円、追徴金713万円)を言い渡した。

 判決によると、朝霧被告は知人女性と共謀し、インターネットのホームページで「DSゲームはダウンロードする時代」などと宣伝し、昨年8月ごろ、無断で複製したゲームソフト「リズム天国ゴールド」をネット上で誰でもダウンロードできる状態にし、任天堂の著作権を侵害するなどした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000534-san-soci

DSゲームはダウンロードする時代? DS用ソフト違法配信の男性に懲役2年6カ月の実刑判決

8月3日18時35分配信 ITmedia Gamez
DSゲームはダウンロードする時代? DS用ソフト違法配信の男性に懲役2年6カ月の実刑判決
ネット上には今なお多くの違法ROM配信サイトが残っています
 ニンテンドーDS用ソフトをネットで複製・販売し、昨年逮捕されていた大阪府の男性に、懲役2年6カ月、および罰金200万円と追徴金約710万円の支払いが命じられたそうです。

【拡大画像や「ウェブ魚拓」に残された「DSGAME」のトップページ画面】

●著作権法違反としてはかなり重い実刑判決

 すでに新聞各紙などでも報じられていますが、ニンテンドーDS用ソフトを違法に複製・配信したなどとして、京都地裁は8月3日、著作権法違反および商標法違反などの罪で大阪府の会社員・朝霧由章被告に懲役2年6カ月、および罰金200万円と追徴金約710万円の支払いを命じる実刑判決を言い渡したそうです。

 ゲーム関連のニュースに明るい方なら覚えているかもしれませんが、朝霧被告は昨年11月、全国ではじめてゲームソフトの著作権法違反(譲渡兼侵害容疑)で逮捕されたとして大きな話題を集めました。当時のニュースによると、朝霧被告は自ら立ち上げたホームページ「DSGAME」において、「すべてのDS ゲームが0〜500円」「DSゲームはダウンロードする時代」などとうたい、DS用ソフトの複製ROMデータを、1タイトルあたり0〜500円にて販売。サイトではROMデータのほか、これらを使用するためのマジコン本体や、ROMデータが入ったSDカードなども同時に販売されていたとのことです。

 ゲームソフトの著作権法違反を扱った事例としてはおそらくはじめてのケースとなりますが、懲役2年6カ月と、罰金・追徴金合わせて約900万円の実刑判決というのは、他の犯罪などと比べてもかなり重い判決。このニュースを受け、ネットの掲示板などでは「これは捕まって当たり前」「当然の判決。マジコンユーザーも捕まえてほしい」「900万でもまだ安いくらい」といった声があがっているようです。

 この連載でもマジコン利用の是非については何度か触れてきましたが、先日のファームウェアアップデートでニンテンドーDSiにもマジコン対策が施されるなど、マジコンの違法利用をめぐる包囲網は徐々に狭まってきている印象があります。また、マジコン自体はあくまで「黒に近いグレー」の商品とされていますが、今回のケースのようにROMデータをネットで複製・配信したり、誰かに販売したりする行為については完全な違法行為となります。似たようなケースでは、つい先日も違法コピーされたと思われるPSP用ソフトを、友人に配っていた高校生のブログが大炎上に至ったりしていましたが、健全にゲームを遊んでいるユーザーが不利益を被らないためにも、こうしたケースには今後も厳しく対処していっていただきたいところです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000051-zdn_g-game
◆悪法収容所 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) |