アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】薬事法(無許可販売):経済縮小効果。そのような安全性に関する法は市場における企業の信頼で置き換えられるべき。

無許可で医薬品を販売した疑い、ペルー人夫婦を書類送検/横浜

7月24日23時0分配信 カナロコ
 ペルー人相手に違法に未承認の医薬品を販売したとして、金沢署は24日、薬事法違反(無許可販売など)の疑いで、ともに横須賀市在住でペルー国籍の派遣社員の夫(34)と妻(38)を書類送検した。

 送検容疑は6月11日ごろから同20日ごろにかけて、医薬品販売などの許可がないにもかかわらず、自宅で「痛み、軽い関節痛、熱の治療」などと効能をうたった未承認の医薬品2箱を、計6300円でペルー国籍の43歳と39歳の女性に販売した、としている。

 同署によると、2人は約3年半前から自宅でペルー人向けに食料品などを販売しており、妻は「客に頼まれて医薬品も扱い始めた。違法だと知っていた」と容疑を認めているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000039-kana-l14
◆悪法収容所 | 医療 | comments(0) | trackbacks(0) |

【悪法】自民党やめて民主党に投票:小泉・竹中構造改革によって(消費者および他の生産者の犠牲の上に成り立っていた)既得権益が破壊されたのが契機。民主党に何も期待しないのなら、自民党に対する一種のしっぺ返し戦略か。

なんとかしろ!:09年衆院選 一気に押しつぶされるのは嫌−−高橋常さん /岩手

7月22日13時2分配信 毎日新聞
 ◇盛岡 薬局経営・高橋常さん(77)
 老舗薬局「厚生堂薬店」は終戦直後から盛岡市の桜山神社参道脇に店を構える。39歳で夫を亡くし、一人で店を切り盛りしてきた高橋常さん(77)は店番をしながら解散のニュースを見た。広さは5坪ほど。「今回ばかりは民主党に入れようと思っているんです」と静かに口を開いた。
 取引先の病院や医師は自民党支持だった。だからずっと自民党に一票を投じてきた。考えが変わったのは小泉内閣の規制緩和で、薬がコンビニでも扱われるようになってから。売り上げは10年前と比べて半減、後継ぎの長男(52)や4人の孫たちの将来に不安を覚える。
 長男と長女(49)を大学の薬学部で学ばせた。「小さな店でもそれぐらいやっていけた。今の収入ではとても無理」と嘆く。孫は薬剤師と違う道に進もうとしている。
 でも、民主党に期待しているのでも、再びの規制強化を望んでいるのでもない。「ただ、一気に押しつぶされるのはたまらないの」。次世代が余裕を持って暮らせることを願う。【山中章子】
   × × ×
 自民党が大勝した05年の郵政選挙から4年。政権交代に関心が集まる中、雇用や医療、年金、子育てなど、岩手で暮らす有権者が政治に「何とかしてほしい」と願う課題は山積している。さまざまな思いを聴いた。

7月22日朝刊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090722-00000090-mailo-l03
◆悪法収容所 | 医療 | comments(0) | trackbacks(0) |