アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】特定商取引法(目的隠匿誘引):貴重な納税者のお金を、あるいは貴重な警察という資源を、なぜこのような消費者保護のために使わなければならないのか、という問題。

 特商法違反:訪問・通信販売会社社長を容疑で逮捕 /秋田

7月31日12時1分配信 毎日新聞
 にかほ署と県警生活環境課は30日、東京の訪問・通信販売会社「ピースネット」社長、水迫光尋容疑者(46)=東京都大田区中央8=を特定商取引法違反(目的隠匿誘引)容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は従業員と共謀して5月20日、にかほ市の民家を訪問し、「雑貨品を無料で配る」などと話して商品販売の目的を告げずに一般住宅に集め同市の女性3人に家庭用の温熱健康器具購入の契約をさせたとしている。
 同署によると、水迫容疑者は容疑を認めている。同署の調べではこの会社は全国各地で同様の手法で販売をしていた疑いがある。これまでに現場責任者の男ら従業員5人が同法違反容疑で逮捕されている。【坂本太郎】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000070-mailo-l05
◆悪法収容所 | 消費 | comments(0) | trackbacks(0) |

【悪法】JAS法(原産地表示の義務)/不正競争防止法(虚偽表示):原産地を表示しないことは何かのシグナルになって市場で判断される。詐欺的な虚偽は刑法(詐欺罪)か被害者自身による民事訴訟・損害賠償請求でOK。

ワカメ偽装で捜索 容疑の業者 中国産を鳴門産に 徳島県警

7月29日15時21分配信 産経新聞
 中国産を使った湯通し塩蔵ワカメを「徳島県鳴門産」と偽って販売したとして、徳島県警は29日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、同県鳴門市の海藻加工会社「マルナガ水産」の事務所と工場などを家宅捜索した。

 捜索容疑は、原料の全部または大部分に中国産を使用した湯通し塩蔵ワカメを鳴門産と偽り、県外の業者に販売したとしている。

 県によると、昨年4〜12月、東京、大阪、徳島、香川、愛媛、高知の11業者に、少なくとも458トンを販売した。

 22日、日本農林規格(JAS)法と景品表示法に基づき、県から是正指示を受けていた。

 同社の伊藤五百里元社長(69)は取材に対し「鳴門産の量が足らなくなって始めた。私が一人で決めた。非常に申し訳ないことをした」と話していた。

 鳴門産のワカメをめぐっては、県が昨年1〜2月、加工業者13社の産地偽装を確認したと公表。同年12月に、鳴門市の食品加工会社1社と同社元社長が略式起訴されている。マルナガ水産は13社には含まれていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000133-san-soci

外国産キハダマグロを「宮崎産」=JAS法違反で改善指示−三重

7月31日20時1分配信 時事通信
 外国産キハダマグロを宮崎産と表示して、スーパーに出荷したとして、三重県は31日、四日市市の仲卸業者「大平冷蔵」に日本農林規格(JAS)法違反に基づく改善を指示した。再発防止策を講じ、8月末までに県に報告するよう求めている。
 県によると、同社は6月25日から7月10日の間、荷札が輸送中にはがれてしまうなどして産地が確認できなくなったキハダマグロ約4トンを宮崎産と表示。三重、愛知、岐阜、静岡の4県、計31店舗のスーパーに出荷した。同社は出荷の際に、伝票で産地を確認していなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000159-jij-soci

<中国産山菜>54トン偽装表示の疑い 山形の加工会社

7月30日20時3分配信 毎日新聞
 中国産のフキなど山菜計約54トンを国産と偽って業務用に販売したとして、山形県は30日、同県新庄市五日町の山菜加工会社「新田食品」(新田道臣社長)をJAS(日本農林規格)法違反の疑いで表示の訂正などを指示した。

 県食品安全対策課によると、新田食品は分かっているだけで昨年6月〜今年3月にかけ、県内外の卸業者から仕入れた中国産のフキとゼンマイを国産品と混ぜて業務用の水煮製品に加工し、計31トンを東北地方の卸売業者に販売した。また、中国産の塩漬けフキ約23トンを国産と偽り関東地方の卸売業者に販売。産地証明書も偽造した。

 新田社長は「地域の農産物振興を第一に考えた」と弁明する文書を出した。【林奈緒美】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000087-mai-soci

ウナギ偽装の元社長に有罪/徳島

7月31日13時15分配信 産経新聞
 外国産のウナギかば焼きを徳島産と偽って販売したとして、不正競争防止法違反罪(虚偽表示)に問われた徳島県阿南市の水産物卸会社「丸源水産」(破産手続き中)の元社長、片山利文被告(59)の判決公判が31日、徳島地裁で開かれ、畑山靖裁判官は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 畑山裁判官は「会社の利益のため消費者を犠牲にしようとした。産地偽装は長期にわたり、悪質で巧妙」とする一方で、「刑事責任は重いが、罪を認めて反省している」として刑の執行を猶予した。判決後取材に応じた片山被告は「会社の利益のために客に迷惑をかけた。判決は当然の内容だと思う。反省している」とコメントした。

 判決によると、片山被告は阿南市の水産物卸会社「アオキ淡水」社長、青木義市被告(67)=公判中=らと共謀し、平成18年6月〜20年2月ごろ、中国産や台湾産のウナギ冷凍かば焼きなど約39トンを徳島産と偽り、県内のスーパーに販売した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000553-san-soci
◆悪法収容所 | 消費 | comments(0) | trackbacks(0) |