アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】EU競争法(独占禁止法):「ウィンドウズ7」に他社ブラウザの表示を強制

閲覧ソフト、他社製も選択可能に=EU独禁法対策で−米マイクロソフト

7月25日13時10分配信 時事通信
 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は24日、米マイクロソフトが次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の欧州市場での販売に際し、インターネット閲覧ソフトについて、自社製だけではなく、他社製のものも選択できる方式を採用することに同意したと発表した。EU競争法(独占禁止法)に抵触し、巨額の制裁金を科されることを回避するための措置で、欧州委は歓迎する意向を表明した。
 マイクロソフトは欧州市場に関して、消費者がウィンドウズ7を購入後、同社の閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」のほか、モジラ製の「ファイアフォックス」、グーグルの「クローム」など競争相手のソフトをパソコン画面上から選択できるようにする。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000061-jij-int

MS次期OS欧州版、他社閲覧ソフト選択可に

7月25日11時14分配信 読売新聞
 【ニューヨーク=池松洋】米マイクロソフト(MS)は24日、パソコン用次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の欧州版で使用するインターネット閲覧ソフトについて、競合他社の閲覧ソフトも簡単に導入できるようにすると発表した。

 OSと閲覧ソフトの抱き合わせ販売について調査している欧州委の要請に対応した措置という。

 ウィンドウズ7では、OSをインストールする際に、欧州でシェア(市場占有率)の高い5種類の閲覧ソフトを選択する画面が表示され、MS製以外を選択した場合には、各メーカーのダウンロードサイトへのリンクが表示される。

 欧州委は「MSの提案を基本的に歓迎する」としながらも「なお精査する必要がある」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000372-yom-bus_all
◆悪法収容所 | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) |

【悪法】市場競争を否定する政府:巨額利益のゴールドマンなど規制か

米金融、市場情報先取りで巨額利益…米紙報道

7月25日12時40分配信 読売新聞
 【ニューヨーク=池松洋】米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は24日、米金融大手ゴールドマン・サックスや一部のヘッジファンドが、他の市場参加者よりも100分の3秒早く情報を入手できる大口投資家の立場を利用し、高速コンピューターを駆使して大きな利益を上げていると報じた。

 米証券取引委員会(SEC)もこの「抜け道」を問題視しており、新たな取引規制を今秋にも導入する見込みという。

 同紙によると、ゴールドマンなどは、100分の3秒の時差の間に取引情報を分析して自動的に取引を行うコンピューターを導入し、自己勘定で巨額の利益を得ている。

 これらの取引は市場の公平性をゆがめかねないとして、米上院議員の一部からSECに調査を求める声が出ており、SECも規制の検討を進めているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000446-yom-bus_all

市場情報先取りし巨額利益=ゴールドマンなどに批判−米紙

7月25日7時22分配信 時事通信
 【ニューヨーク時事】24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、金融大手ゴールドマン・サックスや一部のヘッジファンドが、株式市場の手口情報を他の市場参加者より先に入手し、自己勘定で売買して利益を上げていると報じた。市場では「公平なやり方ではない」と批判が高まっているという。
 米株式市場の多くは、大量の取引を行う市場参加者を優遇、手口情報などを他の参加者よりも100分の3秒ほど早く伝えている。ゴールドマンなどは、こうした情報を一瞬で分析できる高速コンピューターを取引所内部に設置し、自己勘定で有利な取引を行い巨額の利益を上げているという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000031-jij-int
◆悪法収容所 | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) |