アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】公道+道交法:すべての道を「私道+自主ルール・課金制」で置き換えれば、共同危険行為を行なう者は分離され、同時に日本のドリフト・スポーツカー文化は世界最高レベルに花開くはず。

ブログで集会告知、ドリフト族84人を摘発

8月4日17時30分配信 読売新聞
 改造車で急発進や急転回を繰り返すドリフト走行を集団で行ったとして、警視庁は東京都足立区佐野、会社員岡島哲也容疑者(40)ら男女19人を道交法違反(共同危険行為)容疑で逮捕したと3日発表した。

 同庁幹部によると、岡島容疑者らは5月3日午前1時30分頃、大田区の大井ふ頭で、計13台の改造車を横滑りさせて危険な方向転換を繰り返した疑い。さらに同庁は、ドリフト走行に参加していた16〜48歳の大学生や会社員ら男女65人についても、通行禁止の道路を走行したなどとして、同法違反容疑で摘発した。

 大井ふ頭では、「ドリフト族」と呼ばれる集団が週末ごとに暴走を繰り返しており、事件当日は、岡島容疑者が自身のブログで「大井ふ頭でドリフト族の集会を開く」と呼び掛け、大勢が集まったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000379-yom-soci

「ドリフト走行」の「穴場」で起きた悲劇 見物の中3女子は時速40キロではねられた

8月1日10時4分配信 産経新聞
「ドリフト走行」の「穴場」で起きた悲劇 見物の中3女子は時速40キロではねられた
拡大写真
ドリフト見物の中学3年の女子生徒が死亡した駐車場=7月23日、兵庫県姫路市白国(写真:産経新聞)
 兵庫県姫路市白国の市営駐車場で7月23日未明、同市内の市立中学3年の女子生徒(15)が、仲間の少年の運転する車にはねられて死亡する事故が発生した。女子生徒は、車を高速で横滑りさせる危険な「ドリフト走行」を見物していたという。姫路署は、車を運転していた無職の少年(16)を自動車運転過失致死と道交法違反(無免許運転)の容疑で、助手席に乗っていたとび職の少年(18)を道交法違反(無免許運転幇助)容疑で逮捕した。限界速度でカーブに進入し、激しくタイヤをきしませる「ドリフト走行」。一歩間違えば命まで奪いかねない“危険な遊戯”に熱中する「ドリフト族」の出没は全国で後を絶たない。現場周辺は、彼らの間で「穴場」として知られていたという。

 ■時速40キロではねる

 「駐車場で人が倒れている」

 少年の声で119番があったのは23日午前2時半ごろ。救急隊員が駆けつけたところ、少女が頭から血を流して倒れているのを発見。市内の病院に搬送したが、まもなく死亡が確認された。

 姫路署によると、少年らは事故当日、亡くなった女子生徒や、同じ中学に通う3年の男子生徒4人(いずれも14歳)を乗せ、山道を約1・5キロ上った先にある現場の駐車場まで2往復。午前1時半ごろから、駐車場に入り、1時50分ごろからドリフト走行をして遊び始めたとされる。

 少年2人はロータリーなどをぐるぐる回るように運転し、女子生徒らはそれを見物。少年らが女子生徒らに見せつけようと近づいていったところ、ハンドル操作を誤り、見ている女子生徒に向かって時速40キロぐらいで突っ込み、はねてしまったという。

 とび職の少年は、会社の先輩の軽乗用車を無断で持ち出していたという。

 ■ドリフトの「穴場」

 住民らによると、周辺の山道は、インターネット上でドリフトの「穴場」という評判が立ち、他府県からドリフト族が来ることもあった。彼らは夕方になると現れ、休日ともなると昼間から出没。過去には、暴走するバイクが近くの寺の参拝客にぶつかるトラブルもあったという。

 事故現場の駐車場入り口には、さくやチェーンなどはなく、誰でも自由に出入りできる状態だった。ドリフト族は一晩中走り続けることが多く、見物する若者らも大勢いるため、朝になると駐車場はごみだらけ。夏には花火の跡が、冬には雑誌などを燃やしてたき火をした跡があったこともあるという。

 そもそも山道の途中から駐車場までは、10年以上前から夜間の進入が禁止となっている。ただ、標識があるのみで監視や規制などはしておらず、事実上“野放し”に近い状態で、車が山道を自由に出入りし、走行していた。

 近所の主婦(55)は、「10年ぐらい前から、バイクがタイヤに空き缶を付けて火花を散らして走るようになった。その後ローリング族が現れ、やがてドリフト族が出没し始めた」と話す。

 周辺住民は長年にわたって車やバイクによる暴走行為と騒音に悩まされ続けていたという。「いつか、大きな事故が起こるのではないか」と心配する声も少なくなかったという。

 ■現場には花が…

 事故現場の駐車場には、女子生徒の友人や遺族が供えたのか、発生から一週間以上が経過した今も、花束や食べ物などが供えられ、痛ましい事故の名残をしのばせている。

 近所の人によると、事故後2、3日はバイクなどが現場を頻繁に訪れ、花を供えたり、手を合わせたりし、女子生徒を悼む姿が見られたという。 

 事故を受けて24日、県警や市の担当者らが現場を訪れ、今後の対策を練った。市の担当者によると、「広いスペースがあるのはドリフト走行を助長しかねない」として、駐車場を利用制限することを決めたという。今後、夜間は駐車場入り口にチェーンを設置して車の出入りを規制、近くの寺の住職らがチェーンの開閉をすることになった。

 県警は周辺の取り締まりの強化に乗りだし、すでに夜間にパトカーが現場周辺の見回りを始めている。市も暴走行為を禁止する看板を増やしたり、消えかけた白線を塗り直すなどの対策を早急に実施することも決めた。

 「事故が起こり、ようやく危険な行為に対して行政や警察が動いてくれることになった」と住民の一人。対策が効果を発揮し、痛ましい事故を防ぐのとともに、安眠できるようになることを期待しているという。

 しかし、住民の中には「チェーンで閉める際、ドリフト族がすでにいれば出て行ってもらえるかどうか…」と、不安を抱く人もいる。

 現場周辺で騒音をまき散らし続けたドリフト族。しかし、少女が死亡するという痛ましい事故が発生してからというもの、すっかり姿を見せなくなったという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090801-00000524-san-soci
◆悪法収容所 | 道路 | comments(0) | trackbacks(0) |

【悪法】高速道路割引:渋滞の増加。また事故が増えることで渋滞も増える。逃げ場がない状況が増え、お盆期間などに大なり小なり惨事が多く発生するのは必至。

高速道路割引で事故増加 長野

8月4日7時56分配信 産経新聞
 通行料金が上限千円で乗り放題の「休日割引制度」により高速道路での事故が増えた−。こんな結果が、長野県警交通規制課が6月に交通量の変化を調べところ、明らかになった。

 同課では、6月の土日計8日間の高速道路と一般道路の交通量を調査。結果、県内高速道路(中央、長野、上信越自動車道)上下線の交通量が昨年比各約50%増加した。それに伴い高速道路での人身事故が3件(昨年比3件増)、物損事故は41件(同比13件増)となった。一方、一般道路の平日と土日の合計の交通量はほぼ昨年並みだが、土日の交通量は前年より11%の減少となった。

 同課では「利用が土日に関して一般道路から高速道路へ移行している」と分析。インターチェンジ出入り口付近での信号調整を行うなどの対策を講じるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000011-san-l20

お盆の渋滞、30キロ超66回…ETC割引拡大で

8月5日14時41分配信 読売新聞
 ETC(自動料金収受システム)装着車を対象に地方の高速道路料金を上限1000円とする料金割引制度で、6日から始まる「お盆期間」に、対象となる曜日が一部拡大される。

 高速道路各社の予想では、30キロ以上の大渋滞は2004年以降で最高の66回。各社では、トンネル入り口の照明を明るくしたり、道路表示を工夫したりするなど対策を講じるが、果たして渋滞の解消は――。

 各社は今年の「お盆の期間」を6日から19日の14日間とし、ETC車の料金割引は、従来の土、日に加え、木、金も対象となる。お盆期間中に発生した高速道路の30キロ以上の渋滞は、04〜07年では25〜44回。ガソリン価格の高騰で交通量が減った昨年は23回で、今回は07年の44回を大きく上回り、66回を予想している。

 渋滞が発生しやすい場所の一つがトンネル入り口。急に暗くなって圧迫感を感じるため、多くのドライバーが速度を落とし、後続車もブレーキを踏むためだ。このため各社は、トンネル入り口の照明を明るくする対策を講じる。

 また、下り坂に続く上り坂があるような場所も、気づかないうちに速度が落ちて渋滞が発生しやすい。上り坂にさしかかる辺りで、情報板や巡回車で「速度回復願います」と表示し、渋滞の発生を防ぐ。今年4月に東北道上り線羽生パーキングエリア付近で同様の実験を試みたところ、渋滞が約12%減少したという。

 また、中日本高速道路は、東名高速の交通量分散を狙ったキャンペーンを行う。インターネットで走行前に登録した通りに、混雑時間帯を外して利用すれば、抽選で最大5000円分の商品券などが当たる仕組みだ。

 日本道路交通情報センターは「お盆の期間中は曜日に関係なく、いつもと違う場所で渋滞が発生する可能性があるので、時間にゆとりを持って出かけてほしい」と呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000569-yom-soci

JR・航空 さむ〜いお盆 予約大幅減

8月4日8時47分配信 産経新聞
 JR各社や航空会社にとって帰省ラッシュとなるお盆期間は稼ぎ時。しかし、今年は異変が起きている。JR東海の新幹線の予約席数が7月30日時点で前年比15%減と、新幹線では初の2ケタ減となるなど予約状況が軒並み低迷しているからだ。要因の1つは、地方高速道の「土日・祝日上限1000円乗り放題」の拡充。景気後退に伴う節約志向の拡大とあいまって、例年のお盆の風物詩を大きく変えようとしている。

 千葉県浦安市在住の小山俊太さん(仮名)は、実家が福岡。妻と小学生の子ども2人の4人家族なので、お盆期間に飛行機を利用して帰省するとなれば、交通費だけで軽く20万円を超えてしまう。このため時期をずらすなどの対応をしていたが、今年はマイカーによる帰省にチャレンジする。

 「スムーズに走って12時間。渋滞に巻き込まれて最低でも16時間以上かかることを覚悟しているが、経済的メリットの魅力は捨てがたい」と小山さんは語る。高速道の乗り放題を活用すれば、わずか3万円程度で済むとみられるからだ。

 今年9月には5連休を控えており、お盆を避けた人たちがその期間に集中する−。そんな見方も運輸各社の中にはあるが、小山さん一家のような動きが顕在化し、予約率の低迷につながっていることも事実のようだ。

 具体的な予約状況をみると、JR東海のお盆期間(7〜18日)の予約席数は 129万で、前年比15%減。7年ぶりにマイナスとなった。JR西日本も関西地区から各方面への山陽新幹線が17%減と、余裕のある予約状況だ。

 JR各社の2009年4〜6月期の連結業績は、ビジネスマンの出張の手控えや新型インフルエンザの影響によって鉄道収入が落ち込んだほか、鉄道広告収入も減少。売上高と利益がともに大きく低迷した。7月以降に巻き返しを図る考えだが、いきなり出ばなをくじかれた格好だ。

 航空会社の国内線予約数(7〜16日)も日本航空が前年比 9.8 %減、全日空が 9.9 %減とふるわない。航空会社もJRと同様の理由で旅客収入が一段と減少し、7月以降に反転攻勢をかけようとしているだけに、不調な予約状況は懸念材料だ。 一方、お盆期間の高速道路(6〜19日)については、マイカー客の利用がさらに増えるのは確実。最も長い渋滞は13日9時ごろの宝塚東・下りトンネル付近(兵庫県宝塚市)の65キロになる見通しで、10キロ以上の渋滞回数は 704回と昨年の2倍を超えるとみられている。

 これを踏まえて高速道路各社は、(1)上り坂などでの速度低下の注意喚起対策(2)休憩施設での駐車場整理員の配置(3)仮設トイレの設置−といった混雑対策について、例年以上に実施する予定だ。また、お盆の渋滞動向は、民主党がマニフェストで掲げる高速道路料金の無料化時期の判断に、影響を及ぼすとの見方もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000513-san-bus_all
◆悪法収容所 | 道路 | comments(0) | trackbacks(0) |