アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

リバタリアンはまともな保守を支持する(15)全体主義者・国家主義者でない

これがシリーズ最終回となります。

アダム・スミスからロン・ポールまで10人の保守が挙がりました。歴史の順に、5人は政治家、5人は学者ときれいにバランスよく揃いました。われながら、なかなかいいまとめになったと思います。

引用・強調部分はほとんどリバタリアンの思想と一致するものです。最初から読んでいただくと、この10人の保守主義者たちが皆つながっていて、そして一つの流れになっていることに気付かれると思います。またそれと同時に、リバタリアニズムが保守主義の一極として考えられることがおわかりになると思います。

この10人に共通するのは、みな確固たる信条・信念をもっているということです。そしてその共通点というのは、一言で言えば全体主義(共産主義・社会主義)の否定ということです。

これはいいかえれば政府による計画・コントロールの否定ということです。ここで個人主義・自由主義の肯定と言うと意味がはっきりせず、誤解が生じることは必至ですが、政府による全体コントロールの否定と言えばはっきりします。

結局まともな保守というのは小さな政府論者ということであり、それがリバタリアンの支持できる保守ということになります。そこで重要なのは、全体統制主義者あるいは国家主義者でないということであり、保守のための保守でないということです。


◆リバタリアンはまともな保守を支持する(全15回シリーズ)

(1)道徳の押し付けはだめ
(2)アダム・スミス
(3)『国富論』
(4)保守のルーツと展開
(5)エドマンド・バーク
(6)ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス
(7)フリードリヒ・ハイエク
(8)『隷従への道』
(9)カール・ポパーと開かれた社会
(10)バリー・ゴールドウォーター
(11)ミルトン・フリードマン
(12)マーガレット・サッチャー
(13)ロナルド・レーガン
(14)ロン・ポール
(15)全体主義者・国家主義者でない
◆リバタリアンはまともな保守を支持する | comments(0) | trackbacks(0) |

リバタリアンはまともな保守を支持する(14)ロン・ポール

・ロナルド・アーネスト「ロン」ポール(1935年-)は、アメリカ合衆国の政治家。テキサス州選出下院議員で任期は10期目を数える。共和党所属。

・政治的立場は立憲主義小さな政府を基調としている。

・新たな支出や増税に対して一貫として反対票を投じている。

・支持している政策の主なものは、州の自治権強化市民の銃器の所持自由貿易等。

・反対している政策の主なものは、連邦準備制度、妊娠中絶問題に対する連邦政府の関与、死刑制度、所得税(違憲であると主張)、国民皆保険。

・外交政策に関しては、不介入主義者である。国際連合と北大西洋条約機構(NATO)からの脱退を支持。 「絡み合った同盟関係」を断つべきだと主張している。 戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけ。

・ニックネーム“ドクター・ノー”は、彼の医学博士としての肩書きと、それから『提案された法案が、明確に、合衆国憲法に沿ったものでない限り、決して法案に賛成票を投じない』という、普通の人とは逆とも取れる、彼の強固な態度に由来している。

・強固な国家主権を維持するためとして、国連やNATOからの脱退を主張している。

管理貿易のための組織である北米自由貿易協定と世界貿易機関を否定している。

・強固な国境警備と、不法滞在外国人に対する生活保護の停止を主張している。

・個人の生活や、諸外国及び国内の機能に対するアメリカ政府の役割を、大幅に減少すべきだと思っている。彼は共和党は小さな政府という誓いを忘れ、大きな政府のための政党になってしまっているといっている。

・アメリカ合衆国内国歳入庁、教育省、エネルギー省、国土安全保障省、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁、州際通商委員会といった連邦政府機関を、必要のない役所仕事だといって、これらの大部分の廃止を主張している。

・銀本位制や金本位制といった兌換紙幣に賛成している。また、自由貿易が金利と貨幣供給を決定した時経済の不安定さは減少するのであり、また、国債は政府の支出に応じて発行されていて、連邦準備制度は、抑制のない膨張した貨幣供給を政府が行うのを許可してしまっている、といった理由から、連邦準備制度中央銀行の段階的廃止を提唱している。

・労働者の社会保障制度からの脱退の許可医療の分野における自由市場の拡大、公害防止に対する私的所有権の認知、投票用紙への党・候補者名記載の増進に賛成している。

・徴兵制度、麻薬撲滅キャンペーン、社会医療制度、福祉国家論、海外援助、司法積極主義、連邦死刑制度、結婚・教育に対する連邦の規制、インターネット・ギャンブルの禁止に反対している。

ロン・ポール - Wikipedia
◆リバタリアンはまともな保守を支持する | comments(0) | trackbacks(0) |