アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

バークの墓

しかし中川氏はハイエキアンであるより、まず熱狂的なバーキアンだ。氏は世界で唯一人、バークの墓の場所を突き止めた人でもあるらしい!これもかなり凄いことである。
http://libertarian.seesaa.net/article/37254740.html

これはいったいどういうことなのかと調べていたら、なんとバークの墓はBeaconsfieldにあるらしい。家から電車でたった8駅・23分の所だ。

バークほどの政治家ならウェストミンスター寺院に葬られるのが当然である。なんでまたBeaconsfieldなんかに?Edmund Burke - Wikipediaではよくわからなかった。

1911年版ブリタニカ百科事典のものという異常に詳しい記事Edmund Burke - LoveToKnow 1911を見つけた。これによると生前国葬を断るよう強く命令していたらしい。それで人生の半分を過ごしたBeaconsfieldの小さな教会で埋葬された。こちらの1925年出版『バッキンガム郡史第3巻』からのBeaconsfield教会区の記事にも詳しい。

もう一つおもしろいことも見つけた。中川八洋氏も、バークを日本で初めて紹介した金子堅太郎も福岡の修猷館出身ということだ。
■エドマンド・バークの墓 | comments(2) | trackbacks(0) |