アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

私がアナルコキャピタリストになるまで5

やがて自分でDDFの帰結主義無政府資本主義をシカゴ派経済学とともに紹介したくなった。それがアナルコ・キャピタリズム研究(仮)のサイトである。(もともとゲーム理論のサイトの中にあったが分離・独立した。)

一通りは書いたがとくに反響もなくしばらく放置していたが、先達であるLibertarianism@Japanで評価・紹介されたのをきっかけに、アナルコキャピタリストとしてのブログ的なものを書き始めるようになる。同時に再びリバタリアニズムへの理解を深めていくようになった。最近ではKyuuriさんやKuraさんだけでなく多くの日本のリバタリアン仲間をネットで見つけることができるようになった。

こうして今に至る。振り返ってみると、ネットとそれによる真に知的な人たちとの交流が私をアナルコキャピタリストにする決定的な役割をしている。リバタリアニズムはまだまだ認知度が低いが、それはこれまでまともに紹介・啓蒙されてこなかったからである。それにリバタリアニズムはあらゆる意味でインターネットと親和的でもあるし「現実的でない」と言われて簡単にあきらめ引き下がる思想ではない。私はアナルコ・キャピタリズムをライフワークとしてアマチュア研究者という立場から何か貢献できたらと思う。

(終わり)
★私がアナルコキャピタリストになるまで | comments(2) | trackbacks(0) |

私がアナルコキャピタリストになるまで4

一方でインターネットが生活の中に浸透していた。ウェブサイトを作り何かを多くの人に伝えることが可能になっていた。ゲーム理論のサイトを開設したところ反響があり、どんどん充実させていくことになった。そこであの三原麗珠さんから教材として使いたいというメールを頂き、同時に彼のサイトを知った。

その非常に啓蒙的なサイトでリバタリアニズムというものの存在を知る。だが存在を知ったときには名前を知らないだけですでに私はシカゴ学派に影響されたリバタリアンであった。そしてそこで「社会科学を学ぶすべての学生に読んでほしい」と紹介されていたのがDavid D. Friedmanの The Machinery of Freedom なのである。

それからリバタリアニズムの勉強を始めた(同時に法と経済学も)。関連する本や海外のサイトにあたり、シカゴ以上に市場派なオーストリア学派(ロスバードのファロウワーたち)についても知るようになった。

(続く)
★私がアナルコキャピタリストになるまで | comments(0) | trackbacks(0) |