アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

正義とは財である2

正義はあまりにも重要であるために金銭的な取引になじまないのではなく、あまりにも重要だからこそ政治プロセスによって強要されるべきではなく、自発的に金銭的な契約によって取引されるべきなのだ。

蔵研也『無政府社会と法の進化』
7、私的裁判と法の私有化、法の進化より

これが結論である。I君はこの第7章をよく読んでみてください。以下は抜粋。太字はanacap。

▼繰り返すなら、たしかに多元的な正義の共存というのは、我々がこれまでに培ってきた直感からは明らかではない。しかし、異なった正義のオークション取引においては、お互いが得をしている。正義を金で買ったほうはその正義を押し通したことに満足し、正義を金で売ったほうは正義をあきらめる代わりに対価を得て、何か別の有意義なものを手に入れることができる

▼たしかに正義はお金では買えないというのはある程度納得できる信念だが、ある正義を押し通すためにどれだけのコストをかけるのかという問題になれば、小さな正義には大きなコストをかけるのが割に合わないということもまた、多くの人は納得するだろう。

▼法制度の適用への入札によって並存する多元的な正義の調停を行うことは、たしかに現代の常識からすれば奇妙な拝金主義のようにも感じられよう。しかし、金銭とは社会において有益なものを他者に提供することによってのみ、得られるものである。このことを考えれば、言下に否定されるほど不条理な制度ではないだろう。

▼法は「社会正義」を扱うから、社会には一つしか存在し得ないという意味で、複数が並存しえるような通常の商品とは違うのだろうか?いや、真にリベラルな立場の人たちが主張するように、社会正義というものは、人の数だけ異なったものが並存しているのが現実である。かつ第2章で述べたように、おそらく人の遺伝子がそれぞれ異なっており、それぞれが自らのコピーの繁栄をもくろむ存在なのである。このような人間という生物の進化論的基礎付けから考えても、価値観、なかんずく正義感の多様性が存在することこそが自然だろう。歴史に照らしても、明らかなその事実を認めないことから、全体主義的な社会主義の抑圧と貧困が生じてきたのである

(続く)
★正義とは財である | comments(0) | trackbacks(0) |

正義とは財である

I君は極端なケースを挙げてきた。

「法律がお金で買える社会では、大金持ちは趣味で人を殺せるのではないか?」

社会的に成功している人間がそのような人として著しく評判を下げるような行為に大金を使うだろうか?娯楽のために人殺しができたのはそれこそ古代国家の皇帝ぐらいではないか?

「民間警察は子供に虐待する親をどうやって捕まえるだろうか?」

通常、親は子を保護するよう行動し、子供を虐待したりしない(血縁選択)。また虐待があった場合でも、普通は友達の親や学校の先生などに助けを求めることができる。たしかに万が一、出生届も出されず家にずっと監禁されるなどして、子供がそもそも通常の社会生活を営んでいない場合は誰にも気付かれないことがある。しかしそういう場合はむしろ親のほうが誰かに助けを求めたいはずなのだ。つまりこれは福祉の問題である。そしてリバタリアンの社会では民間の慈善団体が今より発達しているだろう…。

いずれの回答もまだまだ説明を要するだろうがとりあえずこう答えておく。

(続く)
★正義とは財である | comments(0) | trackbacks(0) |