アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

Bond Street (2008年秋編)8

こうしていい家も見つかり、精神的にも肉体的にも健康を回復し、ネットも一応つながり、ようやく私は普通の生活を取り戻すことができた。

日本に帰る3月まで住んでいたフラットの大家であるBから電話があり近々会うことにした。彼は私と1ヶ月違いの同じ年でSOHOをやっているアキバ系中国系マレーシア人。日本のサブカル大好きで新婚旅行で行ったほど。かわいい奥さんは建築士。ただ彼はarchitectを秋田と発音するなどなかなか聞き取りにくいときがある。

昨年の10月、ちょうど1年前になるが彼のフラットに越してから本当に運が向き始めた。その頃初音ミクが登場し人気になっていて、これが最近日本のオタクの間で流行っているよと教えてあげたのだが、それからまもなく私は初音ミクよりかわいい女の子(本当)と出会い、12月のクリスマスの日には完全に結ばれていたのだ。またBと会って運が向いてくるかもしれない。いやまた奇跡が起こるかもしれない。またロンドンであの人と出会い、幸せになるのだ。

(終わり)
▼苦難 in ロンドン | comments(0) | trackbacks(0) |

Bond Street (2008年秋編)7

9月30日火曜日、私はやっと悲しく惨めなフラットを脱出することができた。新居はロンドンの半郊外にあるSudbury Hillというほとんど完全な住宅街で、駅から大きな公園を抜けてすぐの所に広いダブルルームを借りることができた。周辺はHarrowというロンドンで最も治安の良いとされるBorough(区)に属し、近くには公園や病院が多く、イートン校と並んで有名なパブリックスクールであるハロー校がある。

10月12日日曜日、歩いてHarrow-on-the-Hillまでゆっくり買い物に出かけた。カフェのテラスでイギリス流の朝食をとり、ぶらぶらと回った後、パブでハーフギネスを飲んだ。家にネットが付いていない(電話回線もない)ので当面の措置としてMobile Broadbandを購入することにした。3というプロバイダーのPay as you goで、1年で(たった)12GBの転送量制限。£100でUSBモデムとセットになっている。ただ混む時間帯は実際ナローバンドなのでそのうちVirginのケーブルにする予定。

ともかく私はこの場所がとても気に入った。周辺環境はもちろん、フラットは3階建てのきれいな家で、部屋と廊下には多くの絵が飾られている。階段には手すりがありホテルみたいだ。5部屋あるのに私ともう一人(物静かなウクライナ人)しか住んでいないので気楽で快適に生活している。大家さんは巨乳のブルガリア人美女(本当)で、頭がよく親切で信用できる人だ。

(続く)
▼苦難 in ロンドン | comments(0) | trackbacks(0) |