アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

『日常生活を経済学する』紹介その3

第18章「市場の失敗」は「公共財」を扱った最も重要な章である。
全体はtypeAさんが要約している。
http://d.hatena.ne.jp/typeA/20080116
下記ページには元テキストからの引用がある。
http://anacap.fc2web.com/PublicGoodsFallacy.html

元テキストのPrivate Production of Public Goods部分はいずれ翻訳・要約しておきたい。

・「環境汚染」という言葉は、価値中立的な言葉ではない。環境汚染のゼロ発生が理想だとすると、あなたは息を吐くのをやめなければならない。一方に偏った言葉を使うと興味あるすべての問題に気づかなくなる。われわれがしたいと思う事柄のほとんどは利益と費用に関わりがある。あることを「環境汚染」と呼んでしまっては、それが支払うに値する費用であるかどうかわからなくなってしまうし、それが費用であるのか利益であるのかさえわからない。

・外部効果に関する議論は、市場への政府の介入に都合のよい論拠を探す場合に非常に役立つものだ。(中略)だが、ある行為がある人に外部費用を課しているという事実は、その行為が禁止されるべきであるとか、課税されるべきだということを意味するものではない。すなわち、その行為はおそらく他の人に費用に勝る利益を与えているかもしれないのだ。

・国民健康保険を支持する人たちは、それは究極にまで推し進められた、すべての人たちを一団体とした、一種の団体保険だと主張する。そこでは、こうした政策を利用する目的でリスクの高い人たちが移民してくることを除けば、逆選択の問題は排除されている。これは大変優れた論拠だが、逆選択を排除することから得られる利益が、そのために政府の行うさまざまな準備にかかる他の費用を相殺できるかどうかはそれほど定かではない。
★『日常生活を経済学する』(本紹介) | comments(0) | trackbacks(0) |

『日常生活を経済学する』紹介その2

というわけで、内容を一部紹介していくことにする。特にお気に入りの箇所だけ。ところどころ訳を修正してある。

窃盗は他の形でのレントシーキングと同じ理由で非効率的である。(anacap:レントシーキングとは簡単に言えば交換や生産によらず利益を得ようとすること。またその結果起こる、利益がなくなるほど費用をつぎ込んでしまう不毛な争いのこと。)

窃盗犯も被害者も、共にもともとはすべて被害者の持ち物であったその同じ物を占有しようと競っている。窃盗犯が行う支出によって、盗品を誰か他の窃盗犯の代わりに自分が手に入れるか、それを持っていた所有者の代わりに彼が手に入れることになる。被害者が行う防御的支出は、同様にレントシーキングである。すなわち、盗難警報機の役割は、財産がその本来の所有者の手に残ることを確実にするものである。

もし財産権が不確実であると、一部の人たちには財産を自分たちに移転させようとして資産を支出する動機が生ずる一方で、一部の人たちには自分たちから移転されてしまわないように財産を保全しようとして資産を支出する動機が生ずる。

このことはその移転が私的なものであろうと公的なものであろうと当てはまる。課税対象となる所得を得ないようにしたり、課税商品を買わないようにすることは、盗難警報機を設置するのが窃盗から財産を守る(高価な)方法であるのとちょうど同じように、自分が課税されないようにする(高価な)方法である。

自分や自分の友人たちに特別な利益を約束する候補者に選挙資金を寄付するのは、強盗が道具に金を使うのとほとんどまったく同様に、自分たちのほうに財産を移転するよう金を使うことだ。

(第20章・合理的犯罪者と故意の事故より)
★『日常生活を経済学する』(本紹介) | comments(0) | trackbacks(0) |