アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

私が道路会社の経営者になったら:「電光車線」

ETCの普及で(一般)道路民営化がかなり現実的なものになってきたと思う。道路は単に普通の不動産のように区画を競売にかけて売却(「民間に払い下げ」)する。利用価値の高いルートに高い値段がつく。車は私有地から私有地を走る。境界には料金カメラがあり、普通の駐車場のように料金が請求される。

私が最近思いついたのはこういうものだ。市の中心部に向かう方向が2車線で、郊外に向かう方向が1車線の国道がある。この道は朝も渋滞するが、ということは夕方にひどく渋滞する。

| | ‖ |↑都心
| | ‖ |
| | ‖ |
| | ‖ |
| | ‖ |
| | ‖ |↓郊外

サービス精神旺盛な民間企業ならどうするか。中央線を電光表示し、夕方は下のようにする。

| ‖ | |↑都心
| ‖ | |
| ‖ | |
| ‖ | |
| ‖ | |
| ‖ | |↓郊外

つまり朝と夕で中央線の位置を変えるのだ。

追記(7月9日):fujixeさんからコメント欄にてリバーシブルレーンというものがあることを教えていただきました。この場合主に可変標識板(進入を○×表示)のようです。私のアイデアはそれが道路鋲というものなら存在はするようです。
◆工学技術と道路民営化 | comments(6) | trackbacks(0) |