アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

ロンドンの物価 〜ビール編〜

日本と比較してイギリスで安いものの一つにビールがある。基本的に500ml缶が1ポンド(約228円)で買える。味は日本のビールより断然いい。

私がよく飲むのはSTELLA, GUINNESS, HEINEKEN, LECHの4つで、これらで消費の9割を占めている。ちなみにそれぞれベルギー、アイルランド、オランダ、ポーランド生まれのブランドであってイギリス生まれのビールではない。

世界の主要国の「ビール税率」と「ビール税+消費税率」は以下のようになっている。(ビールの酒税減税に関する要望書、ビール酒造組合、平成18年9月より。)

      酒税分  酒税+消費税分
  日本  41.4%   46.2%
フランス   5.6%   22.3%
 ドイツ   4.6%   18.4%
アメリカ   5.7%   13.0%
イギリス  24.0%   39.2%

日本のビールがまずくて当然である。

この表からはイギリス産のビールも高くてまずいだろうと考えられる。実際他のヨーロッパの国と比べるとイギリスのビールは高い。ハイネケンの価格は日本(キリンビールがライセンス生産)とイギリスではだいたい同じだが地元オランダの倍ぐらいする。

ビールの値段と味は地理的条件と歴史的条件、つまり原料と技術の良し悪しの差もあるだろうが、大部分が税率によって決まっているのである。

イギリスと日本の決定的な差は大陸が近いかどうかということだろう。イギリスはベルギーやドイツ、ポーランドなどから良いビールが安く輸入できる。あるいはそのような状況のもとでは生産ライセンスも安く買えるはずである。
◆低税率が高品質の文化を生む | comments(6) | trackbacks(0) |