アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

政府に頼らず「公共財」を生産する その8 無政府資本主義的観点

David Friedman, Price Theory: Chapter 18: Market FailuresのPrivate Production of Public Goods 部分の翻訳(抄訳)。

翻訳終了。

ポイントは

1. 公共財が私的に供給される方法は色々あるということ
2. 公共財の私的供給は時々非効率になるということ

である。

だが2から政府が必要だということにはならない。

その理由は

1. 現実には官僚神など存在しないということ
2. 現実には政府という存在自体が巨大なコストになるということ

である。

官僚神とはこのテキストでデイビッド・フリードマンが用意したキーワードで、何でも命令できる慈悲深い神のこと。パレートではなくマーシャルの意味で経済厚生を最大化する。(関税の撤廃は国内生産者の経済厚生を下げるが、国民全体の厚生を上げる。この場合パレートの意味では改善ではないがマーシャルの意味で改善であるという。)
★公共財の私的生産(翻訳) | comments(0) | trackbacks(0) |

政府に頼らず「公共財」を生産する その7 非効率性の意味

David Friedman, Price Theory: Chapter 18: Market FailuresのPrivate Production of Public Goods 部分の翻訳(抄訳)。その6からの続き。

As these examples suggest, there are a variety of ways in which public goods can be privately produced. Each of these may succeed, under some circumstances, in producing some quantity of a public good. None of them can be relied on to lead to an efficient level of production in the strong sense in which we have been using the term--an outcome so good that it could not be improved by a bureaucrat-god. Typically, the private producer of a public good succeeds in collecting only part of the additional value of each unit of the good produced. He produces up to the point where what he gets for an additional unit (an additional hour of broadcasting, or an additional dollar spent making the program better) is equal to what it costs him. That is a lower level of output than the efficient point where marginal cost to the producer equals marginal value to the consumer.

これまで挙げてきた例でわかるように、公共財は様々な方法で私的に生産されうる。どのケースにおいても、公共財はある状況においてある量だけ供給される。どのケースにおいても、強い意味での効率的生産(官僚神が改善する余地がない)を期待することはできない。一般的に公共財の私的生産者は(他の皆と同じように)、追加的生産物が生み出す利益の一部分しか手に入れることができない。彼は追加的費用が追加的利益と一致するまで生産しても、その生産量のレベルは効率的レベル(生産者の限界費用が消費者の限界評価と一致する)よりも低くなる。

To see more clearly the sense in which private production of public goods is inefficient, consider some of our examples. In the Hawaiian defense case, Hawaii was worth defending as long as the cost was less than $245 million, since that was the total value of the defense to all the inhabitants put together. If the cost of the defense happened to be only $40 million, private arrangements might produce it, which is the efficient outcome. If the cost were $235 million, it is unlikely that the defense would be produced; since it still costs less than its value, a bureaucrat-god who ordered Hawaii defended would be producing a net benefit. So if the cost of defending Hawaii is $235 million, private production results in an inefficient outcome. Hawaii is worth defending--and is undefended. The private production of public goods is inefficient in the sense of sometimes leading to an inefficient outcome--failing to produce a good that is worth producing.

公共財の私的生産は非効率的であるという意味をはっきりさせるため、もう一度例を見てみよう。ハワイ島防衛のケースでは、その防衛調達費用が245(百万ドル)以下である限り生産する価値があった(地価を合計して0.1を掛ける)。偶然その費用が40(百万ドル)であるとき、私的な契約が行われ、効率的な結果を生んだ。費用が235(百万ドル)のとき契約は無理であった。この場合、依然として利益が費用を上回るので、官僚神が事態を改善する余地がある。つまり費用が235(百万ドル)のとき、私的生産は非効率となるのである。ハワイは防衛される価値があるのにされない。公共財の私的生産は、ある場合に非効率な結果になる(生産する価値があるのにされない)という意味で非効率なのである。

We have assumed that there are only two possible amounts of defense: none or enough. Whether or not that is plausible in the case of defense, the equivalent assumption is obviously wrong for radio broadcasts or computer programs; in each case, the manufacturer decides how much he will spend and what quality of product he will produce. The efficient outcome is one in which he makes all quality improvements that are worth more to the consumers than they cost him to make. But from his standpoint, improvements are worth making only if they increase his revenue by at least as much as they cost. Since he will be able to collect only part of the value he produces, there may be improvements worth making that he does not find it in his interest to make; so here again the outcome could be improved by a bureaucrat-god. The good may be produced, but it is generally underproduced: An increase in quality, number of hours of broadcasting, or some other dimension would result in net benefits. So private production of public goods is generally inefficient in the technical sense in which I have been using the word.

ハワイの例では防衛レベルがゼロか十分かという2つの結果しかなかった。防衛のケースではそういうこともあるだろうが、ラジオ放送やコンピュータープログラムの場合は絶対にそんなことはない。いずれのケースでも生産者が自在に生産量と品質を決める。効率的な結果は、生産者にとっての費用が消費者にとっての価値を下回る限り、すべての製品の改良を行うことである。だが彼の立場からすれば、追加的費用に見合う追加的利益がなければ、製品改良はする価値がないのである。彼が得られる利益は公共財の一部分でしかないため、もはや製品を改良することは割に合わない。やはりこの場合も結果は官僚神によって改善されうる。一般的にいって製品は生産されたとしても過少生産になる。これは言いかえれば生産の質や量の増加が純の利益を生むということである。そういうわけで公共財の私的生産は私が使ってきた経済学用語の意味で非効率なのである。

(終わり)
★公共財の私的生産(翻訳) | comments(0) | trackbacks(0) |