アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

ニセ札作りの何が悪い!その3 お金はテクノロジー

(お金がすべてのこの世知辛い世の中を風刺するキム兄流痛快エンターテイメントムービー!)「ニセモノだろう本物だろうとお札は結局はただの紙切れだっていうことです。そのただの紙切れのためになんでそこまで追いつめられなきゃいけないんでしょうか。」(ニセ札。お金は神か?紙切れか?)

映画『ニセ札』予告篇
http://www.youtube.com/watch?v=4jfxTXhYVTI

私はこれを見てホリエモンのことを思い出した。自他共に認める拝金主義者。お金が好きで何が悪い!こんなに便利なものがあるか。

その通り。お金はあまりにも便利なものである。テクノロジー。彼はITを崇拝するのと同じようにお金を崇拝している。テクノロジー崇拝は好みの問題であり人の自由だ。本当の問題はその生産が独占されていることなのである。

「お金は汚い」とアナルコ・キャピタリストが思うとしたら、それはお金が政府によって作られた独占であり、またそれが政府に規制された民間の独占というよりも実質政府による独占(=中央銀行制度)だからである。
http://anacap.fc2web.com/Nichigin.html

国防とお金は自由のための最も本質的で重要な問題である。
http://anacap.fc2web.com/Money.html

(終わり)
★自由貨幣論 | comments(0) | trackbacks(0) |

ニセ札作りの何が悪い!その2 自由貨幣論

私は政府から貨幣発行の独占権を取り上げるのが自由社会建設のために最も肝要なことであると思っている。すなわち自由貨幣である。誰でもお金を作れる。いろんなデザイン。楽しいですね。その価格は市場で決まる。購買力がその価値を決める。

十分大きい資産をもつ企業が何かの実物セットにリンクした貨幣を作る。それを市中銀行に貸して儲ける。市中銀行はそれを企業や個人に貸して儲ける。どのような貨幣が信認を得て出回るかは競争で決まる。結果2、3の通貨しか残らないかもしれない。均衡がどうなるかは市場が決める。

複数の通貨がある国境の町を想像しよう。あるいはいつでもどこでも外為取引が行われていることを想像しよう。世界はすでにアナーキーなのだ。現実が自由貨幣を可能だろうと言っている。
★自由貨幣論 | comments(0) | trackbacks(0) |