アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

便利屋小僧の精神性が正常で、自由の擁護者が変人とされる

ロン・ポール(キャリアスタートから最初の引退まで)
http://en.wikipedia.org/wiki/Ron_Paul#Early_Congressional_career

While still a medical resident in the 1960s, Paul was influenced by Friedrich Hayek’s Road to Serfdom, which led him to read many works of Ayn Rand and Ludwig von Mises. He came to know economists Hans Sennholz and Murray Rothbard well, and credits to them his interest in the study of economics. He came to believe that what the Austrian school economists wrote was coming true on August 15, 1971, when President Richard Nixon closed the "gold window" by implementing the U.S. dollar's complete departure from the gold standard. That same day, the young physician decided to enter politics, saying later, "After that day, all money would be political money rather than money of real value. I was astounded."

ポールは1960年代まだ研修医だった頃、ハイエクの『隷属への道』から影響を受け、さらにはランドやミーゼスの多くの著作を読むことになった。経済学者のセンホルツやロスバードについてもよく知るようになり、これが経済学へ興味をもつきっかけだったという。1971年8月15日、ニクソンが金本位制からの完全離脱を発表し、「金の窓」を閉めたとき、オーストリアンの学説が現実になってきていることを確信した。若き医師は同じ日に政界へ入ることを決めた。「今後すべての貨幣が真価の貨幣ではなく政治的な貨幣になるだろうと思い、愕然としたのです」と後にポールは語っている。

なるほど連邦準備制度廃止は政治家になる動機でもあったのか。任期中なんとインフレ率の分だけ議員の給料を減らす法案を提出したという。

In his House farewell address, Paul said, "Special interests have replaced the concern that the Founders had for general welfare. Vote trading is seen as good politics. The errand-boy mentality is ordinary, the defender of liberty is seen as bizarre. It's difficult for one who loves true liberty and utterly detests the power of the state to come to Washington for a period of time and not leave a true cynic."

下院での退任演説でポールはこのように述べた。「特定利益が合衆国創立者たちの目的であった一般利益に取って代わってしまった。議会における票取引がいい政治とされる。便利屋小僧の精神性が正常で、自由の擁護者が変人とされる。真の自由を愛し国家権力を心底忌み嫌う者にとって、ある期間をワシントンで過ごし、そのまま本物の冷笑家といっしょに留まるというのは簡単ではない。」
◆ロン・ポールとは | comments(0) | trackbacks(0) |