アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】国が健康問題に口出しするのは公的医療制度のせい。それはハイリスクな人がローリスクな人に負担を押し付けていい狂ったシステム。人の好みとリスクは不可分。人の多様な好みを認める自由な社会はリスクを他人に押し付けない社会。まずは保険の全民営化から。

米でたばこ規制法成立 「マイルド」「ライト」の宣伝禁止
6月23日9時39分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】オバマ米大統領は22日、米上下両院で可決したたばこ規制法案に署名し、同法は成立した。たばこの製造・販売・広告に対する大幅な規制権限を食品医薬品局(FDA)に付与するもので、たばこに含有されるニコチンの量を制限でき、若者を喫煙に引き付けるような風味の添加も禁じられる。

 オバマ大統領はホワイトハウスでの署名の式典で、今後たばこメーカーが若者に製品を売り込むことが難しくなると指摘。「喫煙者の90%は18歳の誕生日またはそれ以前に喫煙を始めた。私もそうした10代のひとりだったので、習慣をやめることがいかに難しいか分かっている」と述べ、自らの喫煙への苦闘がまだ続いていることを示唆した。

 同法はこのほか、たばこの表示に「マイルド」や「ライト」、「低タール」といった健康被害が軽減されるような表現を禁止。主な読者が18歳未満の雑誌への広告を制限、学校や遊び場周辺での屋外広告も禁止する。米国では成人の喫煙率が約2割で、年間44万人がガンなど喫煙が関連した病気で死亡している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000523-san-int
◆悪法収容所 | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks