アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

セブンイレブン問題(独禁法)についてのリバタリアン見解まとめ

コメントからの転載。リンク集付きの見解まとめにもなっています。

弁当の代わりにブランドを捨てさせる:悪しき経営指導をしているのはセブン本部でなく公正取引委員会。最初から加盟店側に決定権を与えるということは契約内容の強制に他ならない。

弁当値引き販売問題で 窮地に立つコンビニ事業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000004-jct-soci

「悪法収容所」より
http://anacap.jugem.jp/?eid=195


これはちょっと疑問です。L@Jでも同様の指摘がされていましたが、ヤミ再販はリバタリニズムではどう考えるのでしょうか。

私自身は池田信夫氏の意見に賛成です。契約にない定価販売を取引上の優越から強制すること自体が公正取引に反するという理由による介入ですね。加盟店は直営店とは違い、フランチャイズ本部とは別資本による独立の経営主体ですから、組織だったカルテルを防ぐ意味で、企業の自浄が働かない場面では第三者の介入もしかるべきかと。

コンビニという名のヤミ再販 - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/73ae91ea1baaea01b7836966d31884fa

comment by: magnu


magnuさん、コメントありがとうございます。

リバタリアンからすれば「カルテル上等」「ヤミ再販?知りません」ということです。リバタリアンにとって市場で自然に発生する独占は問題ではありません。それゆえ当然独禁法に反対します。独占で悪いのは政府によって合法化されたものだけです。このような主張の背景には、そもそも自由市場すなわち競争的状況では独占というのは難しいはずというのがあります。また独占禁止は市場の革新・イノベーションのインセンティブを大きく殺ぎ、経済発展を著しく阻害します。

また契約とはいつも不完備なものです。そこで「契約にあるのに」という理由は当然妥当であっても、「契約にないのに」という理由では何でもありになってしまいます。そのような契約の不完備を補うのが市場の慣習ですが、リバタリアンが慣習より独禁法を上にもってくることは絶対ありません。独禁法より自然法・慣習法です。

セブン問題についてはL@Jだけでなく他のリバタリアンの皆さんも意見されており、とくにtypeAさんがリバタリアンの主張を最もよくまとめてくださっています。

Antitrust is harmful intervention
http://libertarian.seesaa.net/article/122162336.html

「セブンイレブン」の価値は。
http://d.hatena.ne.jp/typeA/20090627/1246071750

フランチャイズ契約とリバタリアン的発想法
http://www.hexarys.net/blog/2009/06/post_107.php

国営コンビニエンスストア
http://blog.goo.ne.jp/rakusui1598/e/16feec6f62bd2d8aa87da77b6ce6fc62

政府がセブンイレブンを経営するな(悪法収容所第1号)
http://anacap.jugem.jp/?eid=144

comment by: anacap
◆リバタリアンと独占禁止法 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

先のコメントは少し挑発的な文面になっていしまいましたが、リバタリアニズムの対応については承知しています。カルテルが成功していればその超過利潤は新規参入を促すシグナルになり、政府による独占以外は問題ではないから裁量的な政府の介入には反対する、という見解には同意するところです。

この問題においては、契約の不備において加盟店の経営者ではなく本部の判断が優先されるという状況には、個人的に納得いかないように思いため、コメントさせていただきました。

わざわざ記事までまとめて頂いて、ありがとうございました。
comment by: magnu | 2009/07/07 9:03 PM
>magnuさん

納得いかない部分があるというのも当然だと思います。それは独禁法がないことのコストかもしれません。ただ独禁法はそれよりはるかに大きなコストを市場に強いるというのがリバタリアンの主張です。これはリバタリアン社会を手に入れるためのコスト、リバタリアニズムのコストとも言えます。何でもタダでは手に入りません。

L@Jでさらに突っ込んだ分析がされています。契約内容の強制は価格統制と見ることができます。あるいは価格統制というのは契約内容の強制と見ることができます。価格統制はいつも(予期しない)非効率を発生させます。また取引慣習に不公正があったとしてもそれを裁くことができるのはPrivate Lawまでです。独禁法廃止がリバタリアニズムの論理の貫徹であり目標です。

Antitrust problem and 7-11
http://libertarian.seesaa.net/article/123014406.html
comment by: anacap | 2009/07/08 4:30 AM
蔵さんからの指摘

・「 優位な地位の濫用」という概念はわけがわからない
・「市場の独占」という概念はわけがわからない
http://d.hatena.ne.jp/kurakenya/20090710
comment by: anacap | 2009/07/11 10:14 AM
L@Jでさらなる分析。

・従来のスーパーはコストや仕入れに関する情報コントロール能力がなかったから、CVSに置き換わっているのであって、ブランド価値などという結果がCVS躍進の原因ではない。

など。

またこの介入によって逆にセブンのシェアが上がるという予想も。

http://libertarian.seesaa.net/article/123270298.html
comment by: anacap | 2009/07/12 11:37 AM
セブン問題の本質は値引き規制ではなく、売れ残り品の取り扱いにあると思うのですが誰もそれを論じないですよね。
売れ残り品を店舗に買い取らせ、その売り上げがロイヤルティの対象になったりしている粉飾が本丸です。公取はそこまで考えていて今回はとりあえずだと思います。
comment by: kt | 2009/08/24 1:00 AM
>ktさん

たしかに元の問題はちっさい内輪もめの話で、政府が乗り出すようなものではなかったはずです。でも政府が動いたからにはリバタリアンは看過できない。逆にこれに乗じて独禁法の弊害を暴き出してやろうという感じで皆さんエントリを立てられたのだと思います。

誰も論じていないといえば、私が疑問に思っているのは、廃棄弁当はバイトの給料の重要な一部になっているのではないの?という点です。このようにいろいろ内部的なことがわからないので私は分析ができません。ただできることは独禁法そのものを叩くということです。ただこのような政府介入を小さくとも気持ち悪く思い、また介入の前例が出来るということが嫌なのです。
comment by: anacap | 2009/08/24 4:09 AM

Leave a comment










TrackBack URL

http://anacap.jugem.jp/trackback/196

TrackBacks