アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】キャッチオール規制&外国為替及び外国貿易法:これは隠れた悪法。裏でかなり市場を縮小しているはず。安全保障技術は自由に国内生産させたほうが自国のためになる。

ミャンマー不正輸出事件 会社社長ら2人起訴

7月20日21時31分配信 産経新聞
 核兵器に転用可能な装置をミャンマーに不正輸出しようとしたとして商社社長らが逮捕された事件で、横浜地検は20日、外為法違反罪で、貿易会社「東興貿易」(東京都新宿区)社長で北朝鮮籍の李慶鎬容疑者(41)と、輸出入代行業「大協産業」(渋谷区)社長、武藤裕彦容疑者(57)の2人を起訴した。機械製造メーカー社長(75)は処分保留で釈放した。

 起訴状によると、李被告らは今年1月23日、ミサイル開発などに使われるおそれのある直流磁化特性自記装置1台(694万円相当)をマレーシアから迂回(うかい)してミャンマーに不正輸出しようとしたとされる。

 李被告らは昨年9月には、横浜港からミャンマーに輸出しようとしたが、経済産業省から核兵器の開発などに転用可能な民生品の輸出を規制した「キャッチオール規制」に該当するとして通知を受け、輸出に失敗していた。

 ミャンマーへの不正輸出未遂事件では、北朝鮮の秘密軍需調達機関である第2経済委員会が、直轄企業の東新国際貿易北京事務所を通じ、李被告に磁気測定装置の調達を指示していたことが警察当局の調べで解明されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090720-00000553-san-soci
◆悪法収容所 | 防衛 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://anacap.jugem.jp/trackback/270

TrackBacks