アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

【悪法】旅館業法:ホテルが問題客の利用を断るのは当然。誰もあなたの家で集会する自由はない。

プリンスホテルに3億円支払い命令 日教組集会使用拒否で

7月28日15時15分配信 産経新聞
 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月に予定されていた日教組の教育研究全国集会の会場使用などを拒否した問題で、日教組や組合員がプリンス側に慰謝料など計約3億円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。河野清孝裁判長はプリンス側に請求通り約3億円の支払いと全国紙5紙への謝罪広告掲載を命じた。

 判決によると、日教組は平成19年5月、グランドプリンスホテル新高輪と使用申し込み契約を結んだが、プリンス側は同年11月に契約を解除した。日教組は会場の使用を求めて仮処分申請し昨年1月に東京高裁が会場使用を認める決定を出したがプリンス側は従わなかった。

 問題をめぐっては、教研集会参加者の宿泊予約を合法な理由もなく取り消したとして、警視庁が旅館業法違反の疑いで、プリンスホテルの社長や総支配人計4人を書類送検している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000567-san-soci

日教組会場使用訴訟 周辺への影響に言及せず 控訴審で論議を

7月28日21時32分配信 産経新聞
 プリンスホテル側の契約解除に端を発した日教組教研への会場使用拒否問題。仮処分決定に従わなかったプリンス側を裁判所は厳しく批判した。一方で、教研集会開催による周辺への影響については明確な判断をせず、今後、同様の問題が起きかねない。

 今回の問題で、一度契約したプリンス側の契約解除に落ち度があることは明白だった。プリンス側も「いったん契約した予約を白紙に戻すのは本来、許されない」と認めている。

 それでもプリンス側が契約を解除したのはなぜか。

 プリンス側は、集会開催日に半径2キロ圏内で北里大や聖心女子学院、頌栄女子学院や品川女子学院など12の学校の入学試験が行われることを指摘。「7000人超の受験生が騒音や交通規制に悩まされ、取り返しのつかない事態になりかねない」と主張していた。

 右翼団体の街宣活動は開催前の1、2カ月前からあり、当日はさらに多く集まる。プリンス側は、道路封鎖や交通規制による渋滞、バス路線の変更、救急搬送や病院の制約などの懸念材料も列挙。企業としての責任を強調した。

 しかし、会場使用を認めた昨年1月の仮処分決定は「警視庁などが警備を了解しており、街宣車が取り囲む事態は想定し難い」とプリンス側の主張を退け、今回の判決も「右翼団体の行動を考慮したとする主張には根拠がない」とするにとどまった。

 教研集会は、学校現場の課題を話し合い教育環境を向上させる重要な場で、当然、憲法で保障された集会の自由も尊重されなければならない。しかし、周辺に深刻な影響が予想されることが明らかでも、契約見直しが「集会の自由」を理由に許されないならば、ホテルに限らず多くのサービス業は著しい制約を受けることになる。

 今回の判決では、「集会の自由と周辺への影響との兼ね合い」への言及は避けられた。今後の控訴審では、正面からの論議が期待される。(安藤慶太、大泉晋之助)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000622-san-soci
◆悪法収容所 | 公共 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

こんにちわ。
この判決にはあきれまてましたが、旅館業法なんてものがあるんですか。
全く世の中ろくでもない規制だらけですね。
comment by: kyuuri | 2009/07/30 10:04 PM
kyuuriさんどうもです。

こんな非常識な判決を平気で行なう裁判所は無政府資本主義社会では速攻つぶれるはずです。

旅館業法など、ほんと一挙手一投足を国が管理する業界ばかりでうんざりです。
comment by: anacap | 2009/07/31 9:25 AM
無政府資本主義社会とはどのような社会ですか?資本主義は国家の庇護なくしては存立できません。今の自民党政治を観れば、一目瞭然です。資本主義は契約中心主義でもあります。契約は最終的に国家権力を背景にして強制履行を求めることができます。プリンスホテルはその契約破壊のみならず、国家権力にも従いませんでした。これは正しく資本主義の否定であり、無政府主義的暴挙です。プリンスホテルは国に取って代わろうとしたのです。anacapさんはプリンスホテルの従業員、それとも信奉者ですか?
comment by: 通行人 | 2009/08/06 5:00 AM
>通行人さん

無政府資本主義社会とは、民間の警察が治安を守り、民間の裁判所がトラブルを解決する(効率性から考えて損害賠償が基本になる)社会です。市民はこれら民間の保護機関の庇護の下、生活を営むといっていいでしょう。「資本主義は契約中心主義」というのは通行人さんのおっしゃる通りで、自由な契約を尊重しますが、もし契約に関してトラブルがあれば、民間の裁判所で争うことになります。その決定に従わないことは、保護機関からの独立を意味するので、通常よい選択になりません。

私が一番納得いかないのが、日教組の利用をプリンスホテルに強制した、最初の高裁の仮処分です。これは財産権の明らかな侵害です。2つ目に納得いかないのが、それに従わなかったとして、3億円の賠償と全国紙への謝罪文掲載という、過度ともいえる懲罰的判決を行なった地裁です。3つ目の不満点は、「宿泊予約を合法な理由もなく取り消す」ことを禁じた旅行業法です。

プリンスホテルは他の宿泊客、さらに周辺への悪影響を考えて、それ相当に評判が落ちることを予想したので、高裁の決定に従わなかっただけです。これに従うことは、プリンスの顧客・従業員・株主および周辺の大学へ多大な損害を与えるということです。このような反自由市場的な決定を裁判所が堂々と行なう国は資本主義国家ではありません。それは悲惨な共産主義国家です。
comment by: anacap | 2009/08/06 8:44 AM
私も無政府資本主義に賛成です。
裁判所はやたらと和解を勧めて判決も書かないし、役に立たないので、民営化すべきですね。
comment by: とおりがかり2 | 2010/07/02 2:53 AM
起訴猶予のニュースが出てましたね。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100702/trl1007020200000-n1.htm

裁判は私的財です。
comment by: anacap | 2010/07/03 12:17 PM

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks