アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

リバタリアンはまともな保守を支持する(6)ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス

・ルードヴィヒ・フォン・ミーゼス(1881年-1973年)は、オーストリア・ハンガリー帝国出身の経済学者であり、現代自由主義思想に大きな影響を及ぼした。

・1900年からウィーン大学で法学を学ぶが、1903年にカール・メンガーの書『経済学原理』によって経済学に目を開かれる。

・経済計算論争などで計画経済を鋭く批判したことで知られている、またファシズムを左翼に分類した点で画期的であり、門人のハイエクなどにも受け継がれる。

ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス - Wikipedia

◆リバタリアンはまともな保守を支持する | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks