アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

じゃんけんからメカニズムデザイン5

わたなべじゃんけん」は通常のじゃんけんと同じ均衡と資源配分の方法を作る。(計算は別掲。)わたなべじゃんけんはやり方次第だが、場合によっては資源配分にかかる取引費用を劇的に節減する可能性がある優れたメカニズムである。皆が納得するようなフェアな制度である。

スローガンは「資源の有効利用のためいい制度を設計しよう」。メカニズムデザインは効率的な資源配分を実現するためのインセンティブデザインである。

(終わり)

■メカニズムデザイン入門のためのサイト

【市場を創る経済学:マーケット・デザインが切り開く新地平】(安田洋祐)
http://blog.livedoor.jp/yagena/archives/50474651.html
ECONO斬り!!のyyasudaさんが日経新聞「経済教室」に載せたもの

メカニズムデザインの理論と実務(109274)
http://109274.nobody.jp/mechanism.html
謎の経済学者による。とても勉強になる。

人を正直にするのは高くつくのだ?メカニズムデザインの考え方(小島寛之)
http://wiredvision.jp/blog/kojima/200710/200710272250.html
クラーク=グローブス・メカニズムの説明

What is Mechanism Design?
Explaining the research that won the 2007 Nobel Prize in Economics. (Alex Tabarrok)
http://www.reason.com/news/show/122998.html
リバタリアン経済学者による解説

■わたなべじゃんけんの最適戦略

わたなべじゃんけん」ではやはり全員がグー・チョキ・パーを1/3ずつの確率で出すことがナッシュ均衡になる。

いまAの相手B, Cがいずれも1/3ずつの確率で各手を出すとする。すると確率分布とAの勝ち手は下のようになる。

B-C 確率 Aの勝ち手
1-1 1/9  2
1-2 1/9  1
1-3 1/9  3
2-1 1/9  1
2-2 1/9  3
2-3 1/9  2
3-1 1/9  3
3-2 1/9  2
3-3 1/9  1

(合計が4または7になるときAの勝ち)

表より
Aが1を出して勝つ確率は (1/9)*3= 1/3
Aが2を出して勝つ確率は (1/9)*3= 1/3
Aが3を出して勝つ確率は (1/9)*3= 1/3

何を出そうと勝つ確率は1/3となる。これは言い換えればどんな確率で各手を出そうとも勝つ確率は同じということ。つまりどんな戦略も最適反応であり、特に1/3も最適反応となる。プレーヤーB, Cについても同じことが言えるから、A, B, C = (1/3, 1/3, 1/3) はナッシュ均衡となる。

■anacapの主張

制度は市場で作られるべき。
政府はいつも悪いデザインのゲームしか作らない。
政府にはいいメカニズムを作るインセンティブがない。
政府の設計する制度はいつもうまくいかない。
いつも不正が可能で抜け道がある。非効率。
■メカニズムデザイン | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://anacap.jugem.jp/trackback/87

TrackBacks