アナルコ・キャピタリズム研究(仮)ブログ

★無政府資本主義 ◆リバタリアニズム ■色々 ▼ロンドン生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

自由民主党(イギリス)



以下は1990年に行われたサッチャーの党首・首相としての最後のスピーチである。

(イーストボーンの補欠選挙で自由民主党に議席を奪われたのを受けて)

Now, that brings me to the Liberal Party. I gather that during the last few days there have been some ill-natured jokes about their new symbol, a bird of some kind, adopted by the Liberal Democrats at Blackpool. Politics is a serious business, and one should not lower the tone unduly. So I will say only this of the Liberal Democrat symbol and of the party it symbolises.

そこで自由党の話になります。ここ何日か、彼らの新しいシンボルマークについて、意地の悪い冗談が言われているみたいです。自由民主党がブラックプールの大会で採用した、何かの鳥のマークですね。政治は真剣なビジネスです。あまり小さい声で話すべきではありませんね。なのでこのシンボルとその政党についてだけ話をします。

This is an ex-parrot. It is not merely stunned. It has ceased to be, expired and gone to meet its maker. It is a parrot no more. It has rung down the curtain and joined the choir invisible. This is a late parrot. And now for something completely different...

これは「元」オウムです。単に気絶しているということではありません。生きるのをやめたのです。息絶え、神のもとに帰ったのです。それはもはやオウムではありません。人生に幕を下ろし、天国の聖歌隊に入ったのです。これは「故」オウムです。それではお話変わって・・・

Margaret Thatcher Dead Parrot Sketch
http://www.youtube.com/watch?v=1WCfAd3S1hc

Eastbourne by-election, 1990 - Wikipedia

自由党と社会民主党が合併してできた新しい左派政党を「死んだオウム」扱いでみんな大爆笑。20年の時を経て誰でも知っているものとして引用されるってどれだけインパクトのあるコントだったんだろう。それにしても最後の演説がモンティパイソンへのオマージュだったとは!

死んだオウム - Wikipedia

モンティ・パイソン「死んだオウム」(字幕つき)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm669489

モンティパイソン 死んだオウム(サッチャー政権下バージョン)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2903467
◆マーガレット・サッチャー紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |

人と同じでなくていい権利

サッチャーが首相になる前のスピーチである。

Margaret Thatcher: Free Society Speech (1975)
http://www.youtube.com/watch?v=oK3eP9rh4So

Some socialists seem to believe that people should be numbers in a state computer. We believe they should be individuals.

国民は政府のコンピューターの中の数字にすぎない、と信じている社会主義者がいる。われわれは数字でなく一人の人間のはずである。

We're all unequal. No one thank heavens is quite like anyone else however much the socialists may pretend otherwise and we believe that everyone has the right to be unequal. But to us every human being is equally important.

われわれはみな誰一人として同じではない。神様のおかげで、皆がみな異なる人間なのだ。社会主義者はそうでないと偽善的に言う。だがわれわれは他人と同じでなくていい権利をもつはずである。人間はみな同じでないが、同じように尊重されるべきなのだ。

A man's right to work as he will, to spend what he earns, to own property, to have the state as servant and not as master, they are the essence of a free economy. On that freedom all our other freedoms depend.

人は皆、自分が望むように働き、自分で所得したものを消費し、自分の財産を所有し、政府を主人でなく召し使いとする権利をもつ。それが自由経済のエッセンスであり、その自由の上にわれわれの他の自由もあるのだ。
◆マーガレット・サッチャー紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |